Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

競争の目的

Posted on April 2, 2015 at 3:21 AM Comments comments (127)
今日は、とても暖かな日和。

私にとっても、最高の一日です。

特別な日を、心地の良いお天気に恵まれた事を嬉しくおもいます。


今日のタイトルは、「競争の目的」です、

競争の目的を考える上で、とても大切な概念が有ります。

それは、競争相手を、認める事、尊重する事、そして、信頼する事です。

この条件が整って初めて、公平(フェア)な競争が出来る下地が出来ると思う。

反対に、この条件が整わない場合、フェアな競争は行なえないと思う。

下地が出来た社会の上での、競争ならば、勝、負けると言う競争がプラスに機能する。

プラスに機能すると言う事は、勝った方の恩恵を、負けた方も享受出来ると言う事。

競争に因る新たなイノベーション(創造的なもののみ)、社会の、あらゆるリスクに対する
仕組みの強靭化。
これらに因り、負けた側も恩恵を受ける社会が実現する。

イノベーションと言っても、他が淘汰されるイノベーションや、一部の人だけしか恩恵を
受けないものが多い中、負けた側も恩恵を受けられる様な競争が社会全体を良くする。

他を否定、淘汰する競争は、結局勝った方も幸せにしない。

そして、新たな危機をもたらせる種を植える事になる。

私が思う競争の目的は、勝った側の恩恵を負けた側も受ける仕組、そう言うプラスに働く
ウインウインのイノベーションがおこり、また新たな競争を行なえる仕組作りではないかと
つくづく思う。
勿論、社会は常に変化しているので、誰が勝つ負けるはその時々で変わるのもごく自然。

利益を囲い込んだり、権益に固執したりする事は、フェアで、プラスに働く競争を阻害して
しまう。

新しい競争の在り方、倫理観を社会の競争理論の中に加味して、幸せな社会を目指す。

私の思いですが、不安の多い社会は、貯蓄が増える真理が働くので、需要が落ち込み
デフレを助長する。
不安要素を取り除く方向への競争が良い社会を作るのではないかな???と思う。

あなたは、他人の不安、不幸を蜜の味と思っていませんか?

他人の不安、不幸を助長する政策や仕組に、自分に関係ないから、自分が得をするから
とフォローしていませんか?

私達の社会は複雑に、利害関係が絡み合っているので、一見何がどうウインウインなのか
解り難い。

それを解るには、私達の基にある地盤、下地、教育、文化、歴史、国、地球、環境そのもの
を見、理解する様、努める事が必要です。
(一見良い事が悪い事、一見悪い事が良い事は、案外多い)

面倒な事だけれど、私達の命は皆、間違いなくその上に存在するのだから。
何千、何万年の下地の上の社会。

人間の傲慢さを知り、誇りと、謙虚さを持ち、淡々と生き、淡々と死ぬ。  私の生き方。

素晴らしい毎日を。

何時も有難う御座います。