Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

武士道と愛の共通点

Posted on January 5, 2017 at 12:37 AM Comments comments (5)
今日は、とても良い天気で、気温も高め、穏やかな日差しに恵まれた。

太陽の光に目を細め、肌に温かさを感じながら、また風を感じながら、仕事場に到着。

仕事始めと言う事もあり、のんびりと朝のひと時を味わっていた。

私は「幸せ」を感じながら「今」を生きている。

「ありがとうございます」   素直に感謝の気持ちが湧いてくる。

「今」は、二度とやって来ない事も解っている。

だからこそ、尚更 「今」 が愛おしいと思う。

無駄にしたくないと思う。

思えば思うほど、体感する時間の、速さが増す事にジレンマを感じる。

そう思い、ゆっくりと深呼吸をして、体の力を抜き、頑張るのを止める。

幸せが、また込み上げて来る。

また感謝する。

この繰り返しの毎日。


今日のタイトルは『武士道と愛の共通点』です。

幸せに包まれる日々を生きている私ですが、必ず人生の終わりがやって来る。

当たり前の事ですが、再認識したい。

そして、その時に私の脳裏に浮かぶ言葉が、『武士道とは死ぬことと見つけたり』だ。

余り深く考えずに言葉だけ、日常的に触れている。

しかし、この言葉の奥深くに込められた想いは、とてつもなく重いと思う。

その一瞬一瞬に、人生を捧げた人間の言葉でもあり、その覚悟が伺える。

私は、この言葉には『私心』ではない違う原理、『利他心』の様なものを強く感じる。

言い換えると『愛』の様なものを感じる。

愛は、私心より大きな力、原理によって動かされていると強く感じる。

思わなくても、そうしてしまう様な大きな力に動かされている状態。

武士道=愛とも言い換える事も出来る。

私は置き換える、『愛とは死ぬことと見つけたり』

誤解しないで頂きたい、ただ死ぬのではない、何か大切な者、物、事の為に自身の命を使う。

ここに、己の心を置く。

その他の事は、その為の手段にしか過ぎない。

コロコロと変わる手段に意識がいくのではなく、その在り方そのものに意識を向ける。

この『在り方』の元『原因』が愛で在り、武士道で在る。

命は粗末にするものではないし、ほっといても自然と尽きるもの。

だからこそ、死ぬことと見つける事が大切だと強く思う。

死ぬことと見つける事で、今、自身の命が輝く。

自身の為だけに頑張ると、命が曇るし、醜くく見える。

輝いていない『命』はもはや『いのち』ではない。

命の使い方を知る為の人生を生きる。

知ってしまえば、『死ぬことと見つけたり』の実践の人生。

武士道、愛を生きる人生。

感謝の人生。

幸せ「仕合せ」の人生。

命尽きるその日、その時まで。

『ありがとうございます』

PS
昨日の続きの記事なので、天気等は、昨日1月4日のものです。